散骨を行う方法とは? - 樹木葬の魅力について

散骨を行う方法とは?

今、日本人の葬儀や遺骨に対する考え方が大きく変わってきています。
その中で、遺骨を自然に還すという意味あいを持つ散骨への関心も高まっている状況です。遺骨を撒くのが禁止された場所もあるため法律に則って進める必要があります。
散骨を進めるには2通りの方法があります。

1つはご自分で進める方法、もう一つは専門の業者に相談する方法です。



遺骨をそのままの状態で撒くことは国際ルール上問題があるため、2mm以下の粉末状となるように粉骨する必要があります。

nanapiの最新情報が知りたい方にはこちらです。

ご自分でこれを行うのは精神的にも厳しく、多くは業者の協力を仰ぐこととなります。火葬した直後の遺骨を粉骨する場合には、業者に依頼すればスムーズに進めることが出来ます。
一度埋葬された遺骨をお墓から取り出して粉骨する場合には、遺骨が汚れていたり菌が繁殖していることもあるので業者に洗浄を依頼するとよいでしょう。
散骨する場所は、他人の私有地や地方自治体の散骨禁止条例で定めた場所には撒くことが出来ません。


禁止されていない海洋で節度を持って行うことは現状では認められています。
山に撒く場合は第一に山の所有者を調べ許可をとる必要があります。



今のところ山での散骨サービスを展開している業者はあまり無いので、家族が自ら登ったり登山者のボランティアに依頼することが殆どです。海に撒く場合なら業者に依頼すれば船をチャーターして適切な場所に連れて行ってくれます。


希望すれば現地に出向くことなくすべてお任せすることも出来ます。