散骨についての基礎知識

散骨とは、海や山といった自然の中に遺骨を撒くという葬送方法を意味しています。
最近では、お墓に対する考え方の変化や、経済的な理由などにより需要が増えている葬送方法だとも言われています。また、少子高齢化や核家族化などにより、お墓を引き継ぐ人がいないという問題を抱えている人も少なくない状況にあるため、お墓を持つ必要のない散骨というスタイルに注目が集まっています。

種類としては、海に遺骨を撒く海洋葬が代表的ですが、ほかにも、山野に撒く場合や、空・宇宙に撒く場合などさまざまあります。



とくに「海洋葬」に関しては、そのサービスを請負っている業者も多くあるため、利用しやすいと言えるでしょう。

今までになかった@niftyニュースサイトで情報を入手してみて下さい。

メリットとしては、一般的なお墓を建てる場合と比べて「費用が安く済む」ということが挙げられます。



散骨の場合は、一回の葬送儀式で済むため、お墓を建てる場合の10分の1以下という格安の費用で済ませることも可能です。

また、霊園などへ支払う管理費もかからないため、維持費等も必要ないと言えるでしょう。一方で注意点としては、「ルールやマナーをしっかり守る必要がある」ということが挙げられます。
散骨という行為そのものは違法ではありませんが、自然の中に遺骨を撒く場合は遺骨を粉末化することが必要になります。

さらに、山などは私有地になっている場合が多く、無断で撒くと違法行為になってしまうため、事前に土地所有者へ許可を取っておく必要があるでしょう。