樹木葬とはどんなものか

樹木葬は、行政から許可を得た里山や、木々が植えられた霊園などを利用する埋葬方法であり、墓石を持たない特徴がある自然葬の一種になります。



また、「自然に還りたい」「草木に囲まれながら永眠したい」と希望される方などに注目されており、とくに女性の需要が多いと言われています。


樹木葬のメリットとしては、まず、「自然志向の方の希望が叶う」ということが挙げられます。

今すぐ使えるT-SITEの人気度が上昇しています。

一般的なお墓にあまり良いイメージを持っていない方や、家、宗教等に縛られたくないといった方にも向いていると言えるでしょう。

次に挙げられるメリットは、「継承者がいなくても利用できる」ということです。

昨今は、核家族化などの影響により、お墓を継承する人がいないという問題を抱えているケースも少なくありませんが、樹木葬の場合は、継承者がいなくても基本的に永代供養が可能となっています。さらに挙げられるメリットは、「利用料が安く済む」ということです。
一般的なお墓の場合は、土地と墓石の費用で200万〜300万円程度の費用がかかりますが、樹木葬の場合であれば30万〜70万円程度が相場となるため、かなり安く抑えられると言えるでしょう。
また、樹木葬の種類に関しては、主に「里山型」と「公園型」の2種類が知られています。「里山型」は自然の地形を生かしたタイプであり、より自然と一体化できるという魅力があると言えるでしょう。


そして「公園型」には、個別に区画を設けられたタイプや、一本の木の下に合同で埋葬されるタイプなどがあります。