散骨は業者に依頼しなくても行えます - 樹木葬の魅力について

散骨は業者に依頼しなくても行えます

最近海や山に故人の意向に添って散骨されるケースが増えています。
葬儀社などの専門業者に依頼するのが一般的ですが、自分で行えば0円で行うことも可能です。


まず遺骨にも所有権があり、祭祀継承者に所有権があります。



祭祀継承者とは、一般的に配偶者か故人の子供です。
なお血縁関係がややこしい場合は、祭祀継承者が誰かを書面を作成しておけば、後々トラブル防止となります。

次に散骨の注意点についてです。


まずは、遺骨を2mm以下に粉砕する必要があるのです。

遺骨を袋に入れてハンマーで叩けば粉々になります。万が一火葬場で収骨した遺骨をそのまま撒けば、遺棄罪に問われます。
なお粉砕を業者に依頼すれば、その料金は約2万円です。

次に散骨する場所についてです。
まず法的には粉砕した遺骨をどこに撒こうが規制はありません。


ただし他人の所有地に無断で撒いてしまうと、不法侵入ですし、損害賠償を請求される可能性もあるのです。

また自治体によっては、条例で散骨自体を禁止されているケースがあります。

ですから条例の有無を事前にチェックする必要があるのです。

ガジェット通信情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

ちなみに島根県隠岐郡カズラ島では、国立公園中に日本で唯一の公式散骨場となっています。

一般的粉砕した遺骨を撒く場所は、海や山が多いです。海に撒く場合は、夏場の海水浴場などは倫理的に不可能です。
ボートや船をチャーターして沖合で行うので、お持ちでなければそのチャーター代金がかかります。


山で行う場合は、山の所有者の許可が必要です。



こちらも山道など人が多く通る場合は避け、節度を持って迷惑がかからないように行う必要があります。